順心堂鍼灸院



トップページ 鍼灸治療 往診治療 東洋医学 よくある質問 お問い合わせ
 

  東洋医学

漢方医学ともいう。〈漢方〉の語は江戸時代にオランダから伝えられた医学を蘭方と呼んだのに対して,それまでの医学の呼称としてつくられた言葉である。

中国の伝統的な医学から学んで,日本で同化し,発展させた医学をさす。

近年では,西洋医学に対して、中国の伝統的医学は,中医学または中国医学とも呼ばれ,朝鮮や日本,ベトナム,タイにまで影響を与え,朝鮮では東医学,日本では漢方医学という伝統医学を形成。東洋医学というのは非常に広い範囲のカテゴリーを指す。

ここでは漢方医学として話を進めていくが、漢方医学の考え方として、まず病気の原因として外因(主に気候の変化によるもので「風・寒・暑・湿・燥・火」に分類して、これを「六淫」、「六邪」、「外邪」と呼んでいる。)

内因(その人の持つ体質のことで漢方医学では特に精神面を重視している。「喜・怒・憂・思・悲・恐・驚」これを七情と呼んで感情が体に影響を与えると考えている。)

不内外因(内因にも外因にも当てはまらないもので暴飲暴食や疲労、外傷など)に分類される。

漢方医学では体の本来の状態がくずれて、はっきりとした病名はつかないけど身体の調子が悪い状態の事を「未病」と呼んでいる。未病の段階で治療すれば、病気を予防でき、発症したとしても重くならずに済むと考える。

一方、現代医学では検査などで、その平均値の範囲内であれば正常とみなされる。つまり、どんなに体調が悪くても検査の値が正常の範囲内であれば病名を確定することが出来ず、正常となってしまう。病名が確定しないと治療方法も決められない。そのような場合は不定愁訴などと呼ばれて様子を見るということになる。

漢方医学では、このような正常値という概念が無く、自然の一部として存在する人間は自然のサイクルである季節などの影響を受けて、体も刻一刻と変化している。その為、現代医学的な診方をしたときに正常の範囲内であっても、漢方医学の視点からすれば明らかに自然の調和が乱れていると判断される場合がある。この未病という考え方が漢方医学の一つの特徴でもある。

その端的な表現として『素問』には、「聖人はすでに病みたるを治さず、いまだ病まざるを治す」(四気調神大論篇)と記されている。これは発病前の状態、つまり病理症状が発生する以前の生理状態を調整することを医療の理想とする立場。

養生法の考え方も漢方医学の特徴であり、漢方医学の目的とする養生は、あくまでも病理と同様に生理機能を調整、改善し疾病予防、回復促進、再発防止にある。漢方医学は、病理のみを対象とするのではなく、生理状態をも医療の対象としている。

たとえば、病気がちな虚弱者、冷え性、多汗症、便秘症、生理不順なども、たとえ現代医学的病理所見がなくとも、漢方医学では診断法と治療法が確立されている。半病人や不健康などの漠然とした状態にも、健康維持や増進を目的とする対処が可能である。そして現在においてう鍼灸の免疫や神経生理などにたいする作用においての科学的研究が進むにつれ、それら人体生理の調整効果が明らかにされつつある。

養生法については、一つは食養生。簡単に言うと酸・苦・甘・辛・鹹の五味をまんべんなく腹八分目に摂取する。

もう一つの養生法として、さまざまな運動法・健身術が挙げられる。それらは運動刺激を筋肉骨格の強化に利用するのみでなく、内臓機能など人体生理全般の調整・向上にも利用するという共通の特徴がある。出土の導引図からも、紀元前にこのような運動法のあったことが知れるが、現代中国で広く普及しているのは、近代以降に体系化された太極拳や気功。とりわけ気功術には鍼灸に類似の効果を得ることが可能なため、疾病治療に応用されることもある。

 







Copyright © 2015 順心堂鍼灸院 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座